<< 2017Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>

Admin  |  New entry  |  Up load  |  All archives

Prev Entry | main | Next Entry |

cup スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • ジャンル :
  • スレッドテーマ :

cup 音楽と映画 「ラジオタウンで恋をして」

2009.10.09 Fri
Tune in Tomorrow

新しいカテゴリーです。
映画音楽とするべきなのかもしれませんが、
映画は見ていないけど「音楽は知ってる!」と言う意味合いで、
あえて、〈音楽と映画〉にしてみました。

第一弾、やはり外せないこのアーティスト、
Wynton Marsalis(ウイントン・マルサリス)*
「Tune in Tomorrow」 邦題:「ラジオタウンで恋をして」
1990年公開の映画。
邦題も出演者も昨日知りました
キアヌ・リーブスが出ていたんですね。
映画自体はどんな評価だったのでしょうか…

このCDは発売直後に購入、
映画の挿入曲とも知らずに、ひたすら聴いていました。
全編、Wyntonによるアレンジです。

とくにスタンダードの「言い出しかねて」(I Can't Started)は、
WyntonのTpが美しく、アレンジもステキです。
生意気だと言われ、
それでも頑なに自分の音楽観を貫き通そうとしていた頃の作品にしては、
とても聴きやすいので、Jazzはちょっと・・・と言う方にもお薦め。

映画の中での音楽は、
より臨場感を高めるためのもの、
(または音楽を聴くと、場面を思い出すなど、視覚優位)
云わば、
視覚効力をより高めるツールになるのでしょうが、
今回のように音楽だけ先に聴いていて
その世界を作り上げた後に、
映画を見るとどう感じるのでしょうか。。。

実験したいような、作り上げた世界を変えたくないような。。。
複雑な思いです。

*Wynton Marsalis
1983年にVSOPで来日、
ハービー・ハンコックを聴きに行ったつもりが、
新人、当時まだ無名だった彼の演奏を聴いて、
とにかく次に日にLPを買いあさりました。
現在は、
NYリンカーンセンターのJazz部門でディレクターを務めるなど、
名実ともに第一人者として活躍中!
関連記事

COMMENT



Wyntonは、天才とか言われていますが、
努力の人だと思います。
もちろん、育った環境は良かったし、
才能もあったけど、
それ以上に頑張ったように思うのです。

私は自分の才能に溺れず、
頑張る人が好きです!
Mattもそんな所が魅力の1つです。

キアヌのSweet Novemberもお薦めですよ~☆


1983年ですと、ちょうど生まれてから少したった頃です。
私は一流プレイヤとしての彼しか知らないので、
そんな時代の彼に興味があります。

>「Tune in Tomorrow」 邦題:「ラジオタウンで恋をして」
これ初めて知りました!!
とっても興味あります、ラブストーリでしょうか。
今年中に観てみたいと思います☆
楽器はピアノです。
チビッコ~大人の方に教える仕事と、
演奏の仕事、音楽療法、
週末はJazzにハマッテイマス。
ギターは、ピアノより気軽に音も出せ、
練習もベッドの上、ちょっとオフィスで…っと
手軽にできるので、お奨めかも知れません。
ただ、両手を使っている私ですが、
ギターはお恥ずかしいことに、
全然弾けませんでした。
同じ指でもいろいろあるんだと思います。

ゆっくり、目標を持って、
是非続けてください☆
これはとんだ事で、大変失礼をいたしました
お聞きしてもよろしいでしようか?
いやなら無視してくださいね(*^_^*)
音楽関係というと、いろいろあると思うのですが
楽器を弾く、歌う、曲を作る???これぐらいしか思いつかないのですが・・・
私は3年前からキーボードを月2で習っています
昔から、楽器が弾ける人が、うらやましくて・・・
4年前、体を壊して会社を辞めましたので、念願の楽器をと思い、この年で手軽に親しめるものということで、キーボードを習うことにしました。
夢では、ピアノだったのですが、欲はいえません
今は、山本耕史さん大好きなので、ギターも弾きたいなぁ~なんて、分不相応な妄想を抱いています
スィートJAMで耕史さんが、ギターを弾いている手を見て、いつも両方の思いから、ため息をつきながら見ています
実は音楽、本業なのです^^
キアヌのイメージ、
勝手に持っていましたが、
明るい役も良いですよね☆
sweet november良かったです。

本作、映画音楽としては、
あまりいい評価ではないかも知れません。
音楽を聴いて、
この映画の写真とマッチしなかったので…

ボーンシリーズの曲は、
普段聴く曲ではないのですが、
スクリーンとよく合っていて、
聞くと、胸キュンになります。
いい音楽といい映画音楽は別物ですね。
音楽に知識があるのですね、すごいですね
私も偏っていますが、音楽は結構好きです
ただ知識はありません、聞くだけの好きですけれどもね(^_^;)
「キアヌ・リーブス」は以前大好きだったので、この映画は知ってますし何度か見ました
もちろん録画ですよ
あの「コロンボ」の刑事がカリスマ放送作家としてでています
キアヌもとっても能天気に明るい恋多き美青年役で出ています
生憎と、音楽はまったく記憶にありません<(_ _)>
私はスクリーンミュージックが大好きで、マットの「ボーンシリーズ」のサントラは3つとも持っていますし、いまだに車でがんがんかけながら走っています
音楽を聴くだけで、映画のシーンが脳裏に映し出されます
バックに映像が沸いてくる歌や曲が好きです(*^_^*)

ADD COMMENT












TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://cinema2009.blog47.fc2.com/tb.php/78-71a89be2

|World Clock|
|Welcome|
Matt in NY
|カテゴリ☆ツリー|
|アーカイブ*カレンダー|
|最新記事|
|コメント|
|トラックバック|
|殺される命があります|
殺処分にされる犬や猫は
なんと年間29万頭('08年度)
罪もないその小さな命は
ガスによる窒息死です!
この現実に目を向けてください
|検索フォーム|
|QRコード|
QR
|Link|
|photo|
お気に入りphoto
Francesca Inaudi

Gerry
Gerry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。