<< 2017Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>

Admin  |  New entry  |  Up load  |  All archives

Prev Entry | main | Next Entry |

cup スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • ジャンル :
  • スレッドテーマ :

cup 「一枚のめぐり逢い」原題:The Lucky One

2012.07.12 Thu
一枚のめぐり逢い


オフィシャルサイト
実は、
ここで流れる音楽に引き寄せられるように映画を観に行きました。
そうしたら、音楽担当はMark Ishamでした!
リトルマン・テイトの時から好きなミュージシャンだったのです。

『きみに読む物語』の原作を手がけた,
人気作家ニコラス・スパークスの小説を、
『シャイン』のスコット・ヒックス監督で映画化。

・キャスト:ザック・エフロン、テイラー・シリング、
 ブライス・ダナー、ライリー・トーマス・スチュワート、
 ジェイ・R・ファーガソン
・監督:スコット・ヒックス
・製作:デニーズ・ディ・ノビ、ケビン・マコーミック
・製作総指揮:ラビ・メータ、アリソン・グリーンスパン、ブルース・バーマン
・原作:ニコラス・スパークス
・脚本:ウィル・フェッターズ
・撮影:アラー・キビロ
・美術:バーバラ・リング
・編集:スコット・グレイ
・音楽:マーク・アイシャム

143307231.jpg
原作者、監督と共に

600full-the-lucky-one-photo.jpg


Zac Efron は初めて。
イラク戦争で仲間を失い、
自分だけが生き残った事への罪悪感を感じる若者役を
繊細に演じていました。
生きるか死ぬかの壮絶な世界に居たからこそ、
強くもなり、優しくもなり、弱くもなる。
そんな難しい役を、言葉が少ない中、とても良い演技だったと思います!
ハイスクールのドラマで人気が出たようですが、
その時の画像と見比べると別人のように成長しています。

子役から大人になると、なんでこうなるの?と思うほどに、
変わってしまう俳優が多い中、これからも十分期待できるZac Efronでした。

イラク戦争の当事者であるアメリカから、このような映画が出来る事は
反省を表すためにも、とても大切だと思います。

戦争で苦しんだからこそ、明日を生きたい。
死と隣り合ってきたからこそ、生きる大切さを知り、愛する人を守りたい。
それが本来の人間の姿であってほしい。

映画内では
保守的な人が多く南部の特有さを特徴づけて描かれていた
ニューオリンズを含むルイジアナ州、
でもその自然は、吸い込まれるような美しい風景で心が洗われた。
オールロケの映画は、やっぱり重みが違う…!!

辛いニュースばかりの毎日なので、静かなhappy endが、
優しい汐風のように身体に染み渡り、無理して観に行って良かった!

Zac Efronは身体を鍛え、戦地に行った兵士から話を聞いたりして
この役作りのために備えたそうです。

残虐な戦闘シーンはほとんどない。
だからと言って、ただの恋愛映画と括られたくない。
愛する人を守ろうとする延長に戦争反対の意思がある。


才女、Taylor Schilling
試写会時のドレスがステキ☆
オフの時も、とってもオシャレ
Taylor-Schilling-.jpg

TaylorSchilling_2.jpg


---プログラムより--------------

海兵隊基地、キャンプベンドルトンを訪ねて海兵隊員と話し、
彼らの戦闘体験を聴いた。

「あの基地に行った時は別世界に入ったように感じた。
彼らには確たる目的がある。
集中力がすごくて、決して目を逸らさない。
前線に出ているのは僕の世代なんだよ。その若さで、
彼らはむごい体験をしてきた。
彼らと何時間もじっくり話したんだけど、あれは、
僕がこれまでの人生で経験した事がないほど印象的な会話だった。

彼らが聴かせてくれた話、個人的な感情は、
僕がローガン(主人公)を演じるうえでの下地になった。」
関連記事

  • ジャンル : 映画
  • スレッドテーマ :

COMMENT



ご来訪頂き、ありがとうございます。
風子さんのBlog、しっかり読ませて頂きました^^
他の方とは違う観点での感想だったので、
とても好感が持て、コメントしちゃいました。

映画では、
帰還兵の苦悩はぼかしたのかも知れませんね。
まだまだあの戦争を正当化する人は、
いっぱいいるでしょうから。

生zacを見たんですね。いいなぁ☆
色違いの靴下、ロスでは流行っているそうで^^;
you tubeで見ました。
レッドカーペットの落し物事件も、
笑わせてくれます。
この映画とのギャップがまた魅力ですね。
大きな役者さんになっていってほしい。
映画鑑賞後、原作も読みました。
原作では帰還兵士としての苦悩が、映画よりずっとよくわかるように書かれていました。
原作の感想もブログに書いているので、お時間があれば見てくださいませ。

去年12月の来日記者会見で、生ザックを見ました。
おばかな質問にも丁寧に答えていて、好青年でしたよ。
でもその時、左右違う靴下をはいて来ていたり、普段は結構おっちょこちょいみたいです。(笑)

ADD COMMENT












TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://cinema2009.blog47.fc2.com/tb.php/637-1df34611

一枚のめぐり逢い From 風に吹かれて
ザックを堪能 [E:heart04]公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/theluckyone原作: 一枚のめぐり逢い (ニコラス・スパークス著/ソフトバンク文庫)監
|World Clock|
|Welcome|
Matt in NY
|カテゴリ☆ツリー|
|アーカイブ*カレンダー|
|最新記事|
|コメント|
|トラックバック|
|殺される命があります|
殺処分にされる犬や猫は
なんと年間29万頭('08年度)
罪もないその小さな命は
ガスによる窒息死です!
この現実に目を向けてください
|検索フォーム|
|QRコード|
QR
|Link|
|photo|
お気に入りphoto
Francesca Inaudi

Gerry
Gerry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。