<< 2017Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>

Admin  |  New entry  |  Up load  |  All archives

Prev Entry | main | Next Entry |

cup スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • ジャンル :
  • スレッドテーマ :

cup 罪もなく降りかかる不幸・・・

2011.04.14 Thu
●福島のニュース露地シイタケ出荷停止 福島東部16市町村産
 政府は13日、福島県東部の5市8町3村で採れた露地栽培のシイタケについて、原子力災害対策特別措置法に基づく出荷停止を指示した。食品衛生法の暫定基準値を超える放射性セシウムが検出されたためで、飯舘村産の露地栽培シイタケは摂取制限も指示した。
 出荷停止は今月4日の千葉県以来。対象は伊達市、相馬市、南相馬市、田村市、いわき市、新地町、川俣町、浪江町、双葉町、大熊町、富岡町、楢葉町、広野町、飯舘村、葛尾村、川内村。
 福島県は13日、出荷停止の対象地域を設定した理由などに疑義があるとの見解を示した。
 厚労省は基準値を超える値が検出された市町村に加え、福島第1原発により近い地域も対象にしたと説明している。
 いわき市で1日に採取した分から基準値(1キログラム当たり500ベクレル)を超える890ベクレルのセシウムを検出。8日採取分でも飯舘村や伊達市、新地町で基準値を超えるセシウムが検出された。このため、これら4市町村のシイタケについては出荷が自粛されたほか、飯舘村の分は摂取も控えるよう要請されていた。
 施設内で栽培されたシイタケは規制対象になっておらず、規制地域内でも市町村名と施設栽培であることを明示した上で販売が認められる。
 政府が農産物の出荷停止を初めて発動して以来3週間余りが経過。福島第1原発の事故後には多くの野菜から半減期が8日と短い放射性ヨウ素が検出されたが、最近は半減期が30年と長い放射性セシウムの検出が増えるなど変化がみられる。
 福島県では13日までに半減期が29年の放射性ストロンチウムが検出されるなど新たな課題も浮上。ストロンチウムの検査はヨウ素やセシウムに比べ手間がかかるとされ、検査態勢の充実が不可欠となっている。
2011年04月14日木曜日 河北新報

-------
私たち弱い立場には、不条理に冷たい仕打ちが課せられる。
少しでも、こんな不条理を無くすにはどうしたら良いのか...
真実に向き合い、しっかりとした判断をして、
そして声をあげていくしかないいのか...

それとも常に、支配する者とされる者が存在するのか…

お金で解決できるとは思えないけれど、残された今の手段は、
それしかない。
早く助けてあげて!!!
関連記事

  • ジャンル : 映画
  • スレッドテーマ :

COMMENT



ADD COMMENT












TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://cinema2009.blog47.fc2.com/tb.php/440-3cb9ae4b

|World Clock|
|Welcome|
Matt in NY
|カテゴリ☆ツリー|
|アーカイブ*カレンダー|
|最新記事|
|コメント|
|トラックバック|
|殺される命があります|
殺処分にされる犬や猫は
なんと年間29万頭('08年度)
罪もないその小さな命は
ガスによる窒息死です!
この現実に目を向けてください
|検索フォーム|
|QRコード|
QR
|Link|
|photo|
お気に入りphoto
Francesca Inaudi

Gerry
Gerry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。