<< 2017Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>

Admin  |  New entry  |  Up load  |  All archives

Prev Entry | main | Next Entry |

cup スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • ジャンル :
  • スレッドテーマ :

cup 未曾有の出来事に直面して。

2011.03.14 Mon
甚大な被害に遭われた方々に、心よりお見舞いを申し上げます。
これ以上、被害が広がらないようにとただただ祈るような思いです。

私の住んでいる地域には大津波警報が2日間発令されましたが、
幸いに岩盤の固い場所でそれほど揺れがありませんでした。
暢気に掃除機を掛けていたら、掃除機が止まり、
また故障?? と、掃除機のノズルを外したりしていたのです。
この時、実はすでに地震で停電になっていた!
揺れの大きさよりどちらかと言うと長さの方が気になった程度。
信号が止まっていたので、それでこれは大変な地震だったのだと認識。
その時点で、電話も不通だったので、
震源地やその他の情報はなかなか得られなかった。

近くの小さな八百屋さんでカーラジオを流していたので、
そこから地震の情報を得る。
東北で震度7…

大津波が押し寄せた事、電車がすべてストップした事、
まったく知る術もなく、すべて電気が復帰してから状況を把握した。

その後、原発からの放射能漏れや住民の被爆の事実など、
悪夢のような現状が次々とニュースに流れる。

多くの専門家が口にする「想定外」という一言。
尊い命や人生、生活を一変させてしまった出来事を、
そんな一言で表すなんて---私は許せない。

地震の研究者、津波の研究者、原子炉の技術者、
街づくりのエキスパート、
もっともっと慎重に想像力を働かせて、
私たちの生活を守ってくれなくては---!! 

安全、大丈夫と安易に生活空間を作り出してきたものが、
本当は綱渡りのような危険な状態だったように思えて仕方がない。

幸運にも命を落とさなかった者は、
この悲しい現状をしっかりと受け止め、
より賢く、より慎重に、
これからの事を考えていかなければいけないと強く思う。

二度と同じ過ちを繰り返さないために。
関連記事

  • ジャンル : 映画
  • スレッドテーマ :

COMMENT



ADD COMMENT












TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://cinema2009.blog47.fc2.com/tb.php/369-ffe2b3e8

|World Clock|
|Welcome|
Matt in NY
|カテゴリ☆ツリー|
|アーカイブ*カレンダー|
|最新記事|
|コメント|
|トラックバック|
|殺される命があります|
殺処分にされる犬や猫は
なんと年間29万頭('08年度)
罪もないその小さな命は
ガスによる窒息死です!
この現実に目を向けてください
|検索フォーム|
|QRコード|
QR
|Link|
|photo|
お気に入りphoto
Francesca Inaudi

Gerry
Gerry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。