<< 2017Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>

Admin  |  New entry  |  Up load  |  All archives

Prev Entry | main | Next Entry |

cup スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • ジャンル :
  • スレッドテーマ :

cup 「ジェリー GERRY」

2010.04.03 Sat
やっと観ました。
監督: ガス・ヴァン・サント
製作: ダニー・ウルフ
脚本: ガス・ヴァン・サント マット・デイモン ケイシー・アフレック
撮影: ハリス・サヴィデス
編集: ガス・ヴァン・サント マット・デイモン ケイシー・アフレック
音楽: アルヴォ・ペルト
公式web
美しい風景に反して、
誰でもそしてどこにいても遭遇するであろう、
一瞬の過ちで陥る恐怖のようなものを感じました。
もし、Mattのファンでなかったらちょっと耐えられなかったかも。
それは素直に認めます。

人生自体こんなものなのかな、私は今実はこの迷える世界にいるのかな…
それとも、あと一歩で道路が見えた時点なのか?
一歩抜け出た車の中?
そんな事を沸々と考えてみたり、
とにかく、観る人によっていろいろな捕らえ方が出来ます。

個人的には、とても良かったです。
媚びないこの姿勢、映画作りの精神、
俳優としてだけではなく、Mattがこのような映画を作った事に感動です。
ますます好きになりました!
関連記事

COMMENT



なんとも不思議な感覚にさせてくれる映画ですね。
ちょっと退屈な場面もありました。
最後車の中のシーンは必要だったのか・・・?
とも思いました。でも意図があったんでしょう。

この映画について、
過去にMattが語っている事があったら、
是非教えてください。

作者は何を一番伝えたかったか、
それとも、観る人に委ねているのか、
最初から興行除外視で作ったのか、
Mattに聞きたい事がたくさんです。

若いうちに、
こんな映画を作れて良かったと思いました。

Mattのファンになってから、
この映画と出会えて良かったです。
実はDVDを持っているのですが、最初は途中で止めました
3度ぐらいでやっと全部を見ました
おっしゃるとおり、ファンでなければ見ないでしようね
でも、またまたおっしゃるとおり、とても考えさせる作品だと思います
役者というか、演じる人が演じてみたくなる作品ではないかと素人が思っています
狭い日本ではちょっと想像が出来ませんが、日本でも時々山で迷ってしまい助かったり、そうでなかったりとニュースを聞きますが、自然を安易に考えたりすると、いかに自然の中で人間が無力かを思い知ることがあります
想像すると恐怖ですね
後々まで、心地よい記憶ではありませんが、強烈に残る作品でした。

ADD COMMENT












TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://cinema2009.blog47.fc2.com/tb.php/183-4b86d416

|World Clock|
|Welcome|
Matt in NY
|カテゴリ☆ツリー|
|アーカイブ*カレンダー|
|最新記事|
|コメント|
|トラックバック|
|殺される命があります|
殺処分にされる犬や猫は
なんと年間29万頭('08年度)
罪もないその小さな命は
ガスによる窒息死です!
この現実に目を向けてください
|検索フォーム|
|QRコード|
QR
|Link|
|photo|
お気に入りphoto
Francesca Inaudi

Gerry
Gerry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。