<< 2017Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>

Admin  |  New entry  |  Up load  |  All archives

Prev Entry | main | Next Entry |

cup スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • ジャンル :
  • スレッドテーマ :

cup 「シャネルとストラヴィンスキー」

2010.02.25 Thu

官能的な愛のドラマなど、R-18だったせいか、
そっち系で話題になっていたので、観るのをためらいながら・・・
観ました。
会場から出てくるなり、
「ポルノ映画みたい!」と叫ぶ60代ぐらいの女性もいましたが
期待していなかったせいなのか、私、結構好きな映画でした。

女性の新しい衣装やライフスタイルを自身の生き方で示したシャネルと、
斬新な音楽に挑む作曲家、ストラヴィンスキーとの生き様が、
当時の建物、衣装、インテリア、調度品などなど---
贅沢なほどに再現された中でぶつかり合い、描かれていきます。
暫し1900年代のフランスに身を置いた気分になれます。

この映画で描かれているシャネル、金銭的な援助のみならず、
妻子のいるストラヴィンスキーを自由奔放に愛し、
そして仕事もこなしていく。

恋が崩れていく彼女の心境、
投資した男性が自分の理想から離れていったから・・・だとしたら--
まったく身勝手ではあるけれど、理解できなくない...
仕事もでき、妻も満足させ、そして私を愛する事もできる。
そのぐらいの能力は持ち合わせてほしいわぁ...
って言う感じなのでしょうか。

コルセットを脱ぎ捨てた女性と、
先端のパリですら受けれられない程、
前衛的な新しい音楽を追求していたストラヴィンスキー、
二人の世界は、他人が理解できなくてもいいような気もします。

もちろん、一歩ひいて考えれば
彼の妻と子どもはいい迷惑、ヒドイ話ですね…

私のお気に入りの1シーン。
ストラヴィンスキーが、ピアノを弾けないココに教える場面。
初めて教える音階が「ド・レ・ミ・ファ♯・ソ」
初めての人にこんな音階? 驚きました。
このあと、二人で連弾します。
"もっとpianoで・・"ダイナミクスまでココに伝えるストラヴィンスキー。
流れた曲は、調べて分かったのですが「5本の指で:Moderato」でした。 
i_s.jpg
Les 5 doigts (The 5 Fingers): Moderato

このアルバムに収録されています!

どのシーンも絵はがきのように美しかったです。

監督・脚色: ヤン・クーネン
原作・脚本: クリス・グリーンハルジュ

監督・脚色: ヤン・クーネン
原作・脚本: クリス・グリーンハルジュ
脚色: カルロ・ド・ブニティ
製作担当: フィリップ・ドレスト
助監督: ドミニク・デラニ
配役: ジジ・アコカ
振付: ドミニク・ブラン
視覚効果: ロドルフ・シャブリエ
美術: マリ=エレーヌ・スルモニ
衣装: シャトゥーヌ&ファブ
音編集: ロイック・プリアン / ラファエル・ソイエ / ニコラ・ベッケル
録音: ヴァンサン・チュリ
音楽: ガブリエル・ヤレド
撮影: ダヴィッド・ウンガロ
編集: アニー・ダンシェ
製作協力: アルビナ・ベックリ
共同製作: ヴェロニカ・ツォナベント
製作: クロディ・オサール / クリス・ボルツリ キャスト
アナ・ムグラリス
マッツ・ミケルセン
エレーナ・モロゾヴァ
ナターシャ・リンディンガー
グリゴリイ・マヌロフ
ラシャ・ブクヴィチ
アナトール・トーブマン
マキシム・ダニエル
ソフィー・アソン
ニキタ・ポノマレンコ
クララ・ゲルブリュム
エリック・ドマレッツ
ニコラ・ヴォド
関連記事

COMMENT



ADD COMMENT












TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://cinema2009.blog47.fc2.com/tb.php/164-17b0e691

|World Clock|
|Welcome|
Matt in NY
|カテゴリ☆ツリー|
|アーカイブ*カレンダー|
|最新記事|
|コメント|
|トラックバック|
|殺される命があります|
殺処分にされる犬や猫は
なんと年間29万頭('08年度)
罪もないその小さな命は
ガスによる窒息死です!
この現実に目を向けてください
|検索フォーム|
|QRコード|
QR
|Link|
|photo|
お気に入りphoto
Francesca Inaudi

Gerry
Gerry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。